チベットサポートグループ「KIKU」ホームページへようこそ

タンカ解説:尊像について

ここではタンカの主題となる主尊(仏や菩薩の像)についてご説明いたします。

主尊+脇侍の例

白ターラー菩薩

このタンカには、中央の主尊「白ターラー菩薩」の他に、5つの脇侍が描かれています。
クリックで拡大

料金目安:150,000円

主尊と脇侍の説明図
  1. ダライ・ラマ法王
  2. 釈迦牟尼
  3. 観自在菩薩
  4. 白ターラー菩薩
  5. 文殊菩薩
  6. 金剛手
主尊のみの例

中央に主尊である「観自在菩薩」のみが描かれています。
クリックで拡大

料金目安:100,000円

このページの先頭へ

釈迦牟尼 Sakyamuni

釈迦牟尼

言わずとしれたお釈迦様。俗名はゴータマ・シッダールタ。 シャカ族の王子として生まれ、何不自由のない生活を送りながらも、人々の苦しみを知って29歳の時に出家。やがてブッダガヤで悟りを開き、その後はたくさんの人々に教えを説いて回りました。
クリックで拡大

このページの先頭へ

観自在菩薩  Avalokitesvara

観自在菩薩

いわゆる観音様。 生きとし生けるすべてのものに、憐れみの手を差し伸べる、慈悲の化身とされています。
クリックで拡大

このページの先頭へ

白ターラー菩薩 White Tara

白ターラー菩薩

輪廻を彷徨う衆生の姿を見て、思わず涙した観音様の、右目の涙から生まれたとされる白ターラー菩薩。長寿(利他の実践をするために、健康で長生きするという意味)の菩薩としてチベットではとても信仰を集めている菩薩です。
クリックで拡大

このページの先頭へ

緑ターラー菩薩 Green Tara

緑ターラー菩薩

観音様の左目の涙から生まれたと言われています。私たちにより近いところでの慈悲の化身とされています。
クリックで拡大

このページの先頭へ

文殊菩薩  Manjushri

文殊菩薩

智慧(仏性を正しく理解する智慧)の化身とされています。
クリックで拡大

このページの先頭へ

薬師如来 Bhaisajyaguru

薬師如来

薬師如来はあらゆる病人を救済する仏といわれています。手に薬壺を持っているのが特徴です。
クリックで拡大

このページの先頭へ

金剛薩捶 Vajra Satva

金剛薩捶

金剛薩捶の「金剛」とはヴァジラ(ドルジェ)=古代インドの武器のことで、その力で煩悩を破壊すると言われます。サットヴァとは勇猛果敢なことを言い、不動堅固な菩提心を象徴する尊格であるといわれています。
クリックで拡大

このページの先頭へ

金剛手 Vajrapani

金剛手

金剛手とは、金剛杵(ヴァジラ)を持つものという意味で、魔(もろもろの煩悩)を祓うための怒りを表す忿怒の形で表されています。
クリックで拡大

このページの先頭へ


特注タンカ(チベット仏画)のページへ戻る
表装について | タンカ申込書

KIKU HOME

Copyright ©2004-2009 KIKU. All Rights Reseaved. このサイトに掲載されている文章・画像などの無断転載を禁じます。
KIKUへのリンク及びKIKUバナーに関しましてはこちらをご確認下さい。